メニュー

ゴルフ肘:上腕骨内側上顆炎

上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくえん)は、上腕骨の内側上顆(Medial Epicondyle)に炎症が生じる状態を指します。これは一般に「ゴルファーの肘」や「投手肘」とも呼ばれ、特に肘を反復的に使うスポーツや活動に従事する人々に影響を与えることがあります。

原因と発症

上腕骨内側上顆炎の主な原因には以下が挙げられます。

  1. 反復的なストレス: 特に手首や前腕の屈筋を反復的に使うスポーツや活動が続くことで、内側上顆に過度の負担がかかり、炎症が生じる可能性があります。

  2. 姿勢の問題: 不適切な姿勢が、内側上顆に追加の圧力をかけ、炎症を引き起こす可能性があります。

  3. 急激な活動増加: 活動量が急激に増加する場合、組織が適応する前に内側上顆に負担がかかり、炎症が生じることがあります。

  4. スポーツ活動: ゴルフ、テニス、野球など、手首や前腕を強く使うスポーツが関連しています。

症状

上腕骨内側上顆炎の症状には以下が含まれます。

  1. 痛み: 内側上顆の周囲に痛みが生じ、特に手首を動かす際や握る動作、あるいは力を込めて物を持つ際に痛むことがあります。

  2. 腫れ: 内側上顆周囲に軽度な腫れが見られることがあります。

  3. 痺れ: 神経に圧迫がかかることで、手の指や前腕にしびれや痺れが生じることがあります。

診断と治療

上腕骨内側上顆炎の診断には、患者の症状、身体検査、X線、MRIなどの画像診断が使用されます。

治療には以下のアプローチが取られることがあります。

  1. 保存療法: 一時的に腕を休息させ、炎症を和らげるために氷や湿布を使用します。

  2. 痛みの管理: 炎症を抑えるために非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されることがあります。

  3. 物理療法: 運動療法やリハビリテーションが行われ、関節の強化と可動域の回復を促進します。

  4. ブレースやサポーターの使用: 特定の活動時に使用することで、症状を軽減することがあります。

  5. 手術: 保存療法や物理療法が効果的でない場合や症状が重篤な場合には手術が検討されることがあります。手術では、炎症の部分を取り除いたり、関連する組織の修復が行われることがあります。

患者は早期に適切な治療を受け、医師や専門家の指導に従いながら、リハビリテーションや予防策を行うことが重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME