メニュー

ジャンパー膝:膝蓋腱炎(靱帯炎)

ジャンパー膝(Jumper's Knee)は、主にスポーツや運動する人に見られる膝の疾患であり、特に跳躍動作が多いアスリートによく発生します。この病態は、膝の腱(主に膝蓋腱)に過度のストレスがかかり、腱に損傷が生じることで起こります。

原因と発症

ジャンパー膝の主な原因は、反復的で過度な跳躍や着地、急激な方向転換などによる膝への負担です。主な発症要因は以下の通りです。

  1. 跳躍動作: バスケットボール、バレーボール、テニスなど、跳躍が多く含まれるスポーツに従事することでリスクが高まります。

  2. 筋力不均衡: 腿の筋肉や膝周りの筋群の不均衡が、膝蓋腱に過度の負担をかける要因となります。

  3. 過度なトレーニング: 過度なトレーニングや無理なトレーニングが、腱への損傷を引き起こすことがあります。

症状

  1. 膝の痛み: 特に運動時や跳躍動作後に膝に痛みを感じることがあります。

  2. 腫れ: 腱周囲に軽度な腫れが見られることがあります。

  3. 膝のこわばり: 腱に損傷が生じることで、膝の可動域が制限されることがあります。

診断と治療

患者の症状や触診、時にはX線やMRIなどの画像診断を用いて診断を行います。治療には以下のアプローチがあります。

  1. 安静: 症状が悪化している場合は、活動を制限し、安静にすることが勧められます。

  2. 物理療法: 膝周りの筋肉の強化やストレッチングを行うことで、症状の改善が期待されます。

  3. 痛みの管理: 痛みを和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や氷を用いた冷却療法が使用されることがあります。

  4. 装具の使用: 膝サポーターなどの装具を使用することで、腱にかかる負担を軽減することがあります。

患者は早期に治療を始め、リハビリテーションや予防策を含む総合的なアプローチが重要です。スポーツ活動を行う際は、十分なウォーミングアップやクールダウンを行い、トレーニングの適切な進行に留意することが予防につながります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME