メニュー

タナ障害:膝滑膜ひだ障害

膝の滑膜ひだ障害は、膝関節の滑膜ひだに問題が生じる状態を指します。滑膜ひだは、膝関節内で骨と軟骨を保護し、スムーズな動きを促進する役割を果たしています。障害が発生すると、炎症や痛みが生じ、膝の正常な機能に影響を及ぼすことがあります。

原因と発症

  1. 外傷: 膝に強い外力がかかったり、急激な動きが繰り返されたりすることで、滑膜ひだに損傷が生じる可能性があります。

  2. 慢性的な負担: 長期間にわたり膝に負担がかかる状況が続くと、滑膜ひだに障害が発生することがあります。例えば、長時間の立ち仕事や不適切な姿勢がこれに該当します。

  3. 関節炎: 関節炎のような炎症性の疾患が滑膜ひだに影響を及ぼし、障害を引き起こすことがあります。

症状

  1. 痛み: 膝の内側や外側、または後ろに痛みが生じることがあります。動くことで痛みが増すことがあります。

  2. 腫れ: 膝が腫れたり、ひだの部分が腫れているように感じられることがあります。

  3. 可動域制限: 膝を曲げたり伸ばしたりする際に制限を感じることがあります。

  4. 炎症: 膝が炎症を起こし、触ると温かさを感じることがあります。

診断と治療

膝滑膜ひだ障害の診断には、患者の症状、触診、X線、MRI、関節穿刺などが使用されます。

治療には以下のアプローチがあります。

  1. 保存療法: 一時的に膝を休め、氷や湿布を使って炎症を和らげます。

  2. 物理療法: 運動療法やリハビリテーションが行われ、膝の強化と可動域の回復を促進します。

  3. 薬物療法: 炎症を抑えるために非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されることがあります。

  4. 手術: 保存療法や物理療法が効果的でない場合や症状が重篤な場合には手術が検討されることがあります。手術では、損傷した滑膜ひだの修復や摘出が行われることがあります。

膝滑膜ひだ障害は早期に診断・治療することが重要です。患者は医師や専門家の指導に従い、リハビリや予防策を積極的に行うことが良い結果を生むことが期待されます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME