メニュー

バレーボール

1.バレーボールとは

 

2.バレーボールのルールの違い(6人制・9人制)

 

3.バレーボールの専門的動作

・アンダーハンドパス・オーバーハンドパス
  アンダーハンドパスは主にレシーブ、オーバーハンドパスは主にトスで多用される。
  ボールの速度と軌道から落下点を瞬時に判断して素早く行動し、的確な位置にボールを
  上げる技術が必要。オーバーハンドパスの方がボールの落下点の真下に正確に入る必要
  があるが、攻撃に有効な位置に正確に上げられるメリットがある。
・アタック
  サーブを除く攻撃全体の総称で、相手コートへの返球動作の全てであり、ジャンプしてボ
  ールを叩くように打ち込むスパイクと、相手のスペースを狙って緩く返球するフェイントがあ
  る。攻撃に有効な位置でボールを空中で捉え、アタックできるジャンプ能力が求められる。
・ブロック
  相手チームの攻撃に対する守備技術であるが、高度な技術を習得することで攻撃的な要
  素にもなりうる。ブロックの目的は、相手のアタックコースを限定したり、ブロックにボールを
  当てて軌道を変化させ次のプレーをしやすくしたりする目的がある。

 

4.バレーボールに求められる体力

 

 

これらを意図的に鍛える必要がある。

スパイク、ブロックに必要な筋力、レシーブに必要な動きのトレーニングである必要があり、持久力については、1試合を戦い続けることができる体力であり、最高のジャンプを継続的に発揮できる力である

 

5.バレーボールに多い障害

バレーボールは、反復したジャンプ動作や、サーブレシーブスパイクトスなどが多いこと から、下記のような外相と障害が多く発生します

 

急性外傷 慢性外傷

上肢

突き指
(骨折脱臼腱断裂靭帯損傷)
打撲
インピンジメント障害投球障害
腱板損傷
肩関節亜脱臼症
SLAP 損傷

下肢

足関節捻挫
膝前十字靭帯内側側副靱帯損傷
肉離れ
ジャンパー膝
シンスプリント
アキレス腱炎
オスグッド・シュラッター病

体幹

椎間板ヘルニア 筋・筋膜性腰痛
腰椎分離症
腰痛

※各部位別の傷害発生率は、男子:27.6%、女子:23.8%と膝関節の障害が最も多く、次いで 足関節の障害が男子:21.7%、女子:14.7%であり、下肢障害が多く見られる傾向にあリます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME