メニュー

分裂膝蓋骨

分裂膝蓋骨(ぶんれつしつがいこつ)は、主に成長期の子供や青少年に見られる膝関節の障害です。

原因と発症

分裂膝蓋骨は、膝蓋骨の成長プレートが炎症を起こし、一部が分裂する状態です。この病態は通常、膝が急速に成長する成長期に発症します。以下は、主な原因となる要因です。

  1. 急激な成長: 急激な身体の成長が、膝蓋骨の成長プレートに過度なストレスをかけることがあります。

  2. スポーツ活動: 特に膝に負担をかけるスポーツや運動が多い場合、症状が現れる可能性が高まります。

  3. 血行不良: 膝蓋骨の成長プレートにおける血行不良も、病態の一因とされています。

症状

  1. 膝の痛み: 特に運動後や長時間の立位が続いた後に、膝に痛みが現れます。

  2. 腫れ: 膝周囲に軽度の腫れが見られることがあります。

  3. 運動制限: 痛みや不快感により、膝の運動が制限されることがあります。

診断と治療

患者の症状や触診を元に診断を行います。時にはX線やMRIなどの画像診断が行われることもありますが、通常は臨床的な評価が中心です。

治療には以下のアプローチが取られることがあります。

  1. 安静: 症状が悪化している場合は、活動を制限し、安静にすることが勧められます。

  2. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングを含む物理療法が症状緩和に寄与することがあります。

  3. 痛みの管理: 痛みを和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されることがあります。

多くの場合、分裂膝蓋骨は時間とともに改善し、成長期が終わると症状が消失することが期待されます。専門医の指導を受け、定期的なフォローアップが必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME