メニュー

半月板損傷

半月板は、膝関節内にある軟骨組織であり、膝の安定性や動きを支える重要な役割を果たしています。半月板損傷は、この軟骨組織が損傷を受ける状態を指し、通常は膝関節の急激な動きや負傷が原因となります。

原因と発症

  1. 急激な動き: 膝関節の急激な屈曲や回旋、または突然の方向転換などが、半月板の損傷を引き起こす主な原因です。

  2. 外傷: スポーツ中の衝撃や転倒、交通事故などの外傷が半月板損傷の原因となることがあります。

  3. 加齢: 年齢とともに半月板の組織が変化し、弱くなることで損傷のリスクが増加します。

  4. 姿勢の不良: 間違った姿勢や負担がかかる姿勢が継続することで、半月板に過度の圧力がかかり、損傷のリスクが高まります。

症状

  1. 膝の痛み: 半月板損傷により、膝に痛みが生じ、特に動作時や負荷をかけたときに痛みが増すことがあります。

  2. 腫れ: 損傷部位が腫れ、触れると熱感があることがあります。

  3. 膝の不安定感: 半月板の損傷により、膝が不安定に感じられることがあります。

  4. クリック音やカクンとした感覚: 半月板が損傷している場合、膝を動かした際にクリック音やカクンとした感覚が生じることがあります。

  5. 動作制限: 膝の動きが制限され、階段の昇り降りやしゃがむことが難しくなることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や病歴を詳しく聞き、触診や画像診断(MRI、X線)を行い、半月板の損傷を診断します。

  2. 保存療法: 軽度の損傷では安静、氷、挙上(R.I.C.E.療法)が行われ、腫れや炎症の軽減が図られます。

  3. 物理療法: 物理療法による筋力トレーニングやストレッチングが行われ、周囲の筋肉を強化し、膝関節の安定性を向上させます。

  4. 手術: 重度の損傷や保存療法で改善しない場合には、手術が検討され、損傷部位の修復や摘出が行われることがあります。

半月板損傷は、早期の診断と適切な治療が重要です。損傷の程度や症状によって治療法が異なるため、医師の指示に従いながら治療を受けることが重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME