メニュー

投球障害肩

投球障害肩(とうきゅうしょうがいかた)は、野球やソフトボールなどで投球動作を続けることによって引き起こされる、肩の損傷や障害を指します。投球動作は肩に重い負担をかけるため、繰り返し行うことで肩関節や周囲の組織に損傷が生じ、投球障害肩が発生する可能性があります。

原因と発症

投球障害肩の主な原因は、反復する投球動作に伴う肩への過度な負担やストレスです。主な原因となる要因は以下の通りです。

  1. 反復的な投球動作: 野球やソフトボールなどでの投球動作が、肩に繰り返し負荷をかけます。

  2. 投球フォームの問題: 不適切な投球フォームが、肩への負担を増加させる原因となります。

  3. 筋力の不均衡: 肩周りの筋肉や関節の不均衡が、投球障害肩のリスクを高めることがあります。

  4. 成長期の選手: 発育途中の選手は骨や筋肉が未熟であり、特に投球障害肩の発症リスクが高まります。

症状

投球障害肩の症状は個人差がありますが、一般的な症状には以下が含まれます。

  1. 肩の痛み: 投球時やその後、肩に痛みや不快感が生じることがあります。

  2. 可動域の制限: 肩の可動域が制限されることがあり、投球が難しくなります。

  3. 炎症: 肩周囲の組織に炎症が生じ、腫れや熱感が感じられることがあります。

  4. 力の低下: 投球能力の低下や力の減退がみられることがあります。

診断と治療

投球障害肩の診断には、患者の症状、身体検査、X線、MRIなどの画像診断が使用されます。

治療には以下のアプローチが取られることがあります。

  1. 安静とリハビリテーション: 投球を避け、肩の安静を保ちつつ、理学療法やリハビリテーションを行います。

  2. 投球フォームの修正: 適切な投球フォームを身につけ、再発防止に努めます。

  3. 薬物療法: 痛みや炎症の管理のために非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されることがあります。

  4. 手術: 重症な場合や保存療法が効果的でない場合には手術が検討されることがあります。

投球障害肩は早期発見と適切な治療が重要です。予防としては、適切なトレーニング、投球量の管理、適切な休息が挙げられます。選手やコーチは健康な投球動作を促進し、若い選手の成長段階に応じたトレーニングを重視することが肩の健康維持に役立ちます。

 

 

肩インピンジメントについて

肩インピンジメント(Impingement)は、肩関節の構造が狭いスペースである「サブアクロムィアルスペース」に挟まれ、軋みや炎症を引き起こす状態を指します。これは主に肩を上げたり腕を前方に動かしたりする際に、腱や滑膜などの組織が圧迫されることによって発生します。

原因と発症

  1. アンダーアクロムィアスペースの狭窄: 肩の骨や関節の形状が変化し、スペースが狭くなることがあります。

  2. 筋肉の不均衡: 肩周りの筋肉のバランスが崩れると、腕を動かす際に腱がスペースに圧迫されやすくなります。

  3. 姿勢の悪化: 前傾した姿勢や長時間のデスクワークが、肩の構造に影響を与え、インピンジメントを引き起こすことがあります。

  4. 急激な活動増加: スポーツなどで急激な腕の使用が増えると、肩の組織がストレスに晒され、インピンジメントが発生する可能性があります。

症状

  1. 肩の痛み: 特に腕を上げる動作や前方に動かす動作時に痛みを感じることがあります。

  2. 腫れと炎症: インピンジメントが続くと、周辺組織に炎症が生じ、腫れや熱感が現れることがあります。

  3. 運動制限: 腕の特定の動きに制限が生じ、特に高い位置まで腕を上げるのが難しくなることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 医師は患者の症状や生活歴を詳しく聞き、身体検査や画像診断(X線、MRI)を行い、診断を確定します。

  2. 保存療法: 痛みや炎症の管理のためには、一時的に腕を休めることや、氷や非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用が行われます。

  3. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングが行われ、肩の周りの筋肉のバランスを整えます。

  4. 姿勢改善: 患者の姿勢を改善するためのエクササイズやアドバイスが行われます。

  5. 手術: 保存療法が効果的でない場合や患者の症状が重篤な場合には、手術が検討されることがあります。手術では、腱や骨の形状を調整することが行われることがあります。

肩インピンジメントは早期に適切な治療を受けることが重要です。姿勢の改善や適切なエクササイズを行い、予防策を考えることが大切です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME