メニュー

疲労骨折

疲労骨折(ひろうこつせき)は、反復的なストレスや過度の負荷が原因で骨に微小な損傷が蓄積し、最終的に骨が折れる状態を指します。主にスポーツ選手や軍人など、強い運動をする人々によく見られます。

原因と発症

疲労骨折の主な原因には以下が含まれます。

  1. 反復的なストレス: 同じ部位に繰り返し負荷がかかることが原因で、例えばランニングやジャンプなどのスポーツ活動が挙げられます。

  2. 過度な負荷: 骨が強度を超えるほどの急激な運動や急激なトレーニングが続くと、骨が疲弊して疲労骨折が生じることがあります。

  3. 栄養不足: カルシウムやビタミンDの不足が骨の健康に悪影響を与え、疲労骨折のリスクを高めることがあります。

  4. 骨密度の低下: 骨粗しょう症や他の骨の疾患により、骨密度が低下すると疲労骨折の発生リスクが増加します。

症状

疲労骨折の症状は、症例によって異なりますが、以下が一般的な症状です。

  1. 局所的な痛み: 負荷がかかった部位に局所的な痛みが生じます。初期は運動中や活動後に痛みを感じ、休息すると軽減することがあります。

  2. 腫れや熱感: 疲労骨折部位に軽度の腫れや熱感が見られることがあります。

  3. 歩行困難: 下肢の骨に発生した場合、歩行時に痛みを感じて歩きづらくなることがあります。

診断と治療

疲労骨折の診断には、患者の症状、身体検査、X線、CTスキャン、MRIなどの画像診断が使用されます。

治療には以下のアプローチが取られることがあります。

  1. 休息: 活動制限や運動の一時中断が必要であり、患部に負荷をかけないようにすることが治療の基本です。

  2. 冷却療法: 疲労骨折部位に冷却パックを適用して腫れを和らげることがあります。

  3. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングを含む物理療法が、骨の回復をサポートすることがあります。

  4. 栄養補助: カルシウムやビタミンDのサプリメントが必要な場合があります。

  5. 装具の使用: 歩行をサポートするために、松葉杖やブーツなどの装具が使用されることがあります。

患者は早期に適切な治療を受け、完全な回復に向けて十分なリハビリテーションを行うことが大切です。医師の指導に従い、再発を防ぐために適切な予防策を取ることが重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME