メニュー

突き指

突き指は、指先が外側に突き出されたり、強い力がかかったりして指の靭帯が損傷する状態を指します。主にスポーツ中や日常生活での事故によって発生し、特にバレーボールやバスケットボール、アメリカンフットボールなどのスポーツで一般的です。

原因と発症

  1. スポーツ中の急激な動作: バレーボールやバスケットボールなどのスポーツで、ボールを受け止める際や転倒時に指が強く曲がることで突き指が発生することがあります。

  2. 日常生活の事故: 重い物を持ち上げたり、ドアや引き出しに指を挟んだりするなどの日常生活の事故によっても突き指が発生することがあります。

  3. 指の外側への力: 指の付け根に外側からの強い力がかかることで、指の付け根の靭帯が伸展され、損傷が生じます。

症状

  1. 疼痛: 突き指後、指の付け根から手の甲にかけての痛みが生じることがあります。特に指を動かしたり、触れたりすると痛みが強くなります。

  2. 腫れ: 突き指が起こると、損傷部位が腫れ、赤くなることがあります。

  3. 運動制限: 突き指の部位が動かしにくくなり、指を曲げたり伸ばしたりするのが難しくなることがあります。

  4. 指の変形: 重度の突き指の場合、指の付け根付近が腫れて変形することがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や事故の経緯を詳しく聞き、触診や画像診断(X線、MRI)を行い、突き指を診断します。

  2. 保存療法: 軽度の突き指では安静、氷、挙上(R.I.C.E.療法)が行われ、腫れや炎症の軽減が図られます。

  3. 固定: 重度の突き指の場合、指を固定するために副木やテーピングが行われることがあります。

  4. 物理療法: 指の可動域を回復させるために物理療法やリハビリテーションが行われることがあります。

突き指は、早期の適切な処置が重要です。治療の進行や方法は損傷の程度や患者の状態により異なるため、医師の指示に従いながら治療を受けることが必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME