メニュー

腰椎分離症

脊椎分離症(脊椎すき間症)は、脊椎の椎弓(椎骨の弓状の部分)に生じる症状の一つです。この病態では、椎弓の一部が正常な位置から外れ、椎間板や神経に圧迫をかけることがあります。

原因と発症

脊椎分離症の主な原因には以下が含まれます。

  1. 先天性の異常: 出生時から椎弓の発育が正常でない場合、脊椎分離症が生じる可能性があります。

  2. 外傷: 転倒や事故などが原因で、椎弓が外れることがあります。

  3. 反復的なストレス: 重い物の持ち上げや不適切な姿勢などが原因で、椎弓に負担がかかり、分離症が発生することがあります。

症状

脊椎分離症の症状は症例によって異なりますが、一般的な症状には以下が含まれます。

  1. 腰痛: 脊椎分離症の最も一般的な症状であり、腰の痛みが感じられます。

  2. 神経症状: 椎弓の分離が神経を圧迫することで、放射痛やしびれが生じることがあります。

  3. 歩行困難: 重度の症例では、脊椎分離症が歩行に影響を与えることがあります。

診断と治療

脊椎分離症の診断には、患者の症状、身体検査、X線、CTスキャン、MRIなどの画像診断が使用されます。

治療には以下のアプローチが取られることがあります。

  1. 保存療法: 軽度な症状の場合、安静や物理療法、痛みの管理が行われます。

  2. 手術: 重度の症例や保存療法が効果的でない場合、手術が必要となることがあります。手術では、椎弓を修復するか、場合によっては脊椎の固定手術が行われます。

  3. 薬物療法: 痛みや炎症を和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や痛み止めが処方されることがあります。

医師の指導に従って治療を受け、十分なリハビリテーションを行うことが重要です。手術後は、適切なケアと生活習慣の見直しも必要となります。脊椎分離症は早期発見と治療が重要であり、適切な管理を通じて生活の質の改善が期待されます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME