メニュー

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎の椎間板が損傷し、内部のゼリー状の物質が椎間板の外側に漏れ出す状態を指します。この状態は通常、椎間板の変形や損傷によって引き起こされ、神経根や脊髄に圧迫がかかることで痛みやその他の症状が現れることがあります。

原因と発症

  1. 加齢: 椎間板は加齢とともに水分を失い、柔軟性が低下します。これにより、椎間板が変形しやすくなります。

  2. 急激な動作: 重い物を持ち上げたり、急激な動作が繰り返されたりすることが、椎間板に圧力をかけ、ヘルニアを引き起こす可能性があります。

  3. 姿勢の悪さ: 長時間同じ姿勢を続けることが、腰椎に負担をかけ、ヘルニアのリスクを増加させることがあります。

  4. 遺伝的要因: 遺伝的な傾向がヘルニアの発症に影響を与えることがあります。

症状

  1. 腰痛: 腰椎椎間板ヘルニアの最も一般的な症状であり、腰部から臀部にかけての痛みが生じることがあります。

  2. 坐骨神経痛: 腰椎神経根に圧迫がかかると、臀部から下肢にかけての痛みやしびれが生じることがあります。

  3. 筋力低下: ヘルニアが神経根を圧迫することで、関連する筋肉の弱化が見られることがあります。

  4. 知覚異常: しびれやピンとした感覚、または痺れが生じることがあります。

  5. 尿や便の異常: 重度の場合、尿や便のコントロールが難しくなることがあります。これは緊急の医療対応が必要な症状です。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や病歴を詳しく聞き、神経学的検査や画像診断(MRI、CTスキャン)を行い、腰椎椎間板ヘルニアを診断します。

  2. 保存療法: 一般的には安静と非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用が行われます。

  3. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングが行われ、腰部の安定性を向上させます。

  4. 薬物療法: 痛みや炎症の管理のために薬物が処方されることがあります。

  5. 手術: 保存療法が効果的でない場合や症状が重度な場合には手術が検討され、ヘルニアを取り除く手術が行われることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアは個人差があり、軽症の場合は保存療法で改善することがありますが、重症な場合は適切な治療が必要です。治療方針は症状の程度や患者の状態によって異なるため、医師との相談が重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME