メニュー

腱板損傷

腱板(Rotator Cuff)は、肩関節を安定させ、腕の運動を制御する重要な組織であり、四つの筋肉から成り立っています。腱板の損傷は、これらの筋肉やその腱に生じる損傷や炎症を指します。腱板損傷は通常、肩関節の過度な使用や外傷が原因となります。

原因と発症

  1. 過度な使用: 長期間または過度に肩を使用することが、腱板に過度の負担をかけ、損傷を引き起こす可能性があります。

  2. 急激な運動: 急激な腕の動きや急上昇、急降下の動作が腱板を損傷させることがあります。

  3. 加齢: 年齢とともに腱板の柔軟性が減少し、損傷のリスクが増加します。

  4. 外傷: 転倒や交通事故、スポーツのけがなどが原因で腱板が損傷することがあります。

種類

  1. 部分的な裂傷: 腱板の一部が裂ける状態で、症状は軽度から中程度です。

  2. 完全な裂傷: 腱板が完全に裂ける状態で、症状は重度です。

症状

  1. 肩の痛み: 特に肩の外側や腕の動かす際に痛みを感じることがあります。

  2. 筋力低下: 腱板損傷により腕の力が弱まることがあります。

  3. 可動域制限: 肩の可動域が制限され、特に上腕を上げる動作が難しくなることがあります。

  4. 痛みの増悪: 特定の動作や特定の姿勢で痛みが増悪することがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状を詳しく聞き、触診や画像診断(MRI、超音波)を行い、腱板損傷を診断します。

  2. 保存療法: 痛みや炎症の管理のためには、一時的に肩を安静にし、氷や非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用が行われます。

  3. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングが行われ、肩の周りの筋肉を強化し、可動域を回復させます。

  4. 投薬療法: 痛みの管理のためには鎮痛剤や炎症を抑える薬が処方されることがあります。

  5. 手術: 保存療法が効果的でない場合や損傷が重度な場合には手術が検討され、損傷した腱を修復することがあります。

腱板損傷は早期に診断し、適切な治療を受けることが重要です。治療には保存療法や物理療法が主流であり、手術が必要な場合もあります。個々の状態によって治療方針が異なるため、医師との相談が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME