メニュー

足関節捻挫(靭帯損傷)

足関節捻挫は、足首の靭帯に損傷が生じる状態を指します。この損傷は通常、足首を不自然な方向に曲げたり伸ばしたりすることで引き起こされ、痛みや腫れ、運動制限を引き起こすことがあります。

原因と発症

  1. 捻挫: 足首が内側または外側に過度に捻じれることが原因となります。これは通常、転倒や歩行中の不安定な地面での動作などが要因です。

  2. スポーツ: 特にバスケットボール、サッカー、ランニングなどのスポーツで、足首への急激な動きが捻挫を引き起こすことがよくあります。

  3. 不適切な靴: 適切でない靴、特に足首を支持しない靴を履いている場合、捻挫のリスクが増加します。

  4. 地形の不安定性: 凸凹した地面や滑りやすい表面で歩行することが捻挫の発生につながることがあります。

症状

  1. 痛み: 捻挫後、瞬時に激しい痛みが生じ、その後持続的な鈍痛が続くことがあります。

  2. 腫れ: 捻挫部位が腫れ、触れると熱感があることがあります。

  3. 内出血: 重度の場合、内出血が生じ、皮膚が青紫色に変色することがあります。

  4. 運動制限: 捻挫により足首の動きが制限され、歩行や運動が困難になることがあります。

  5. 不安定感: 捻挫により足首の安定性が低下し、立つことや体重をかけることが難しく感じることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や事故の経緯を詳しく聞き、触診や画像診断(X線、MRI)を行い、捻挫の程度を評価します。

  2. 保存療法: 初期段階では安静、氷や圧迫、挙上(R.I.C.E.療法)が行われ、腫れや炎症の軽減が図られます。

  3. 包帯やサポート: 圧迫包帯やサポートブレースが使用され、足首の安定性が保たれます。

  4. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングが行われ、足関節の機能を回復させます。

  5. 痛みの管理: 痛みや炎症の管理のために非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されることがあります。

  6. リハビリテーション: 重度の場合や再発を防ぐために、リハビリテーションプログラムが組まれることがあります。

足関節捻挫は早期の適切な処置が重要です。治療の進行や方法は捻挫の程度や患者の状態により異なるため、医師の指示に従いながら治療を受けることが重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME