メニュー

骨化性筋炎

骨化性筋炎は、筋肉組織が骨化する病態を指します。通常、急性外傷や手術後の組織損傷によって起こり、特に筋肉組織が再生する際に起こります。

原因

  1. 急性外傷: 重い打撲や急激な筋肉の引っ張りによって筋肉組織が損傷し、骨化性筋炎が発生することがあります。

  2. 手術: 外科手術などの手術による筋肉の損傷や術後の組織再生過程において、骨化性筋炎が発生することがあります。

  3. スポーツ外傷: スポーツ活動中の怪我や損傷が、筋肉組織の骨化を引き起こすことがあります。

症状

  1. 腫れと疼痛: 筋肉が損傷された部位に腫れや疼痛が生じます。

  2. 硬結: 損傷された筋肉が硬くなり、触ると硬結が感じられることがあります。

  3. 運動制限: 筋肉の骨化により、関節の動きが制限され、日常生活や運動に支障が生じることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や経過を詳しく聞き、触診や画像診断(X線、MRI)を行い、骨化性筋炎を診断します。

  2. 保存療法: 軽度の症状では安静、冷却、抗炎症薬の処方が行われます。

  3. 物理療法: 筋肉の柔軟性を改善し、関節の動きを回復させるための物理療法が行われます。

  4. 手術: 重度の症状や機能障害がある場合には、手術が検討され、骨化した組織の摘出が行われることがあります。

骨化性筋炎は、早期の適切な処置が重要です。治療の進行や方法は症状や患者の状態により異なるため、医師の指示に従いながら治療を受けることが必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME