メニュー

ACL損傷(前十字靱帯損傷)

前十字靭帯(Anterior Cruciate Ligament、ACL)は、膝関節内で腓骨と大腿骨の間に位置し、膝の安定性を維持する重要な靭帯です。ACL損傷は、この前十字靭帯が部分的または完全に断裂する状態を指し、様々な日常活動やスポーツにおける怪我の主要な原因の一つです。

原因と発症

  1. スポーツ中の急激な動作: バスケットボール、サッカー、スキーなどのスポーツにおいて、急激な方向転換や着地、膝への強い衝撃がACL損傷の主な原因です。

  2. 交通事故: 自動車事故や転倒時の膝への強い衝撃がACLを損傷することがあります。

  3. 身体の不自然な動き: 膝の関節内で転ぶ、捻る、回すなどの不自然な動きがACL損傷を引き起こすことがあります。

  4. 加齢: 年齢とともに組織の弾力性や強度が低下し、ACLの損傷リスクが増加します。

症状

  1. 膝の腫れ: ACL損傷後、膝が腫れることがあります。腫れは直ちに現れる場合もあれば、数時間後に現れる場合もあります。

  2. 痛み: 損傷後、膝に痛みが生じることがあります。特に怪我直後は強い痛みを感じることがありますが、その後も持続的な痛みが残ることがあります。

  3. 不安定感: ACL損傷により、膝の安定性が低下し、立つ、歩く、走るなどの動作時に不安定感を感じることがあります。

  4. 聞こえるポップ音: ACLが損傷する際には、膝でポップ音が聞こえることがあります。

  5. 動作制限: ACL損傷により、膝の可動域が制限され、日常生活やスポーツ活動における動作が制限されることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や事故の経緯を詳しく聞き、触診や画像診断(MRI、X線)を行い、ACL損傷を診断します。

  2. 保存療法: 初期段階では安静、氷、挙上(R.I.C.E.療法)が行われ、腫れや炎症の軽減が図られます。

  3. 物理療法: 物理療法による筋力トレーニングやストレッチングが行われ、膝関節の安定性を向上させます。

  4. 手術: 重度のACL損傷や保存療法で改善しない場合には、手術が検討され、ACLの修復や再建が行われることがあります。

ACL損傷は早期の適切な処置が重要です。治療の進行や方法は損傷の程度や患者の状態により異なるため、医師の指示に従いながら治療を受けることが必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME