メニュー

TFCC損傷

Triangular Fibrocartilage Complex(三角線維軟骨複合体、TFCC)損傷は、手首の内側に位置する軟骨組織に生じる損傷を指します。TFCCは手首の安定性や適切な動きを維持する役割を果たしており、急激な手首の動きや慢性的な負担が原因で損傷が生じることがあります。

原因と発症

  1. 急激な手首の動き: 特に手首を回転させる動作や、手首を強く伸ばす動作が原因でTFCCが損傷を受けることがあります。

  2. 慢性的な負担: 重い物を持ち上げたり、手首に反復的なストレスがかかることが長期間続く場合、TFCCに損傷が生じる可能性があります。

  3. 外傷: 転倒や手首への直接的な外傷がTFCCに損傷を引き起こすことがあります。

  4. 関節炎: 関節炎によってTFCCに影響が及ぶことがあります。

症状

  1. 手首の痛み: 特に手首の内側に痛みが生じ、手首を動かす際に痛むことがあります。

  2. 腫れ: 損傷が進行すると手首周辺に腫れが見られることがあります。

  3. クリック音や摩擦感: TFCCが損傷されると、手首の動作時にクリック音や摩擦感が感じられることがあります。

  4. 力の低下: TFCCの損傷によって手首や手の力が低下することがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や外傷歴を詳しく聞き、触診や画像診断(MRI、CT)を行い、TFCC損傷を診断します。

  2. 保存療法: 初期の段階では手首を安静にし、氷や非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用が行われます。

  3. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングが行われ、手首の安定性を向上させることがあります。

  4. 手首サポート: サポート具や包帯を使用して手首を安定させることがあります。

  5. 注射療法: ステロイド注射や関節内注射が炎症を軽減するために行われることがあります。

  6. 手術: 保存療法が効果的でない場合や損傷が進行している場合には手術が検討され、損傷したTFCCを修復することがあります。

TFCC損傷は早期に診断し、適切な治療を受けることが重要です。治療方針は患者の症状や損傷の程度によって異なるため、医師との相談が不可欠です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME