メニュー

スタッフ紹介

理学療法士

①沖本遼

健康のための運動療法のスペシャリスト
傷害からの回復と共に、カラダ全体を評価して再受傷を予防します

◆資格

大学院修士課程修了
スポーツ理学療法認定理学療法士
運動器認定理学療法士

◆所属・帯同歴

大阪府サッカー協会トレーナー
東海大学付属大阪仰星高等学校サッカー部トレーナー
一般社団法人アスリートケア

◆スポーツ歴:

サッカー・ゴルフ

◆経歴
  • スポーツ障害
  • アスレチックリハビリテーション
  • 一般急性期リハビリテーション
  • 回復期リハビリテーション
  • 慢性期リハビリテーション
  • リウマチ病棟
◆学会発表・原著論文
  • 2020年 『超音波を用いた脛骨後方転位の定量的評価』
    保健医療学学会 発表
    原著論文 執筆
  • 2021年 『膝後方不安定性評価 - X-pと超音波による計測の比較 』
    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(J O S K AS)発表
    原著論文 執筆
  • 2022年 『自家膝蓋腱を用いた前十字靱帯再建術後の遺残膝蓋腱の組織弾性』
    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(J O S K AS)発表
    原著論文 投稿中

②高橋美幸

患者様に寄り添って心から笑顔にするスマイルセラピスト
ウィメンズヘルス理学療法を妊婦さんからご高齢の方までの全ての世代の女性に提供します

◆資格・研修

ガスケアプローチの基礎概念終了資格

◆所属・帯同歴

国体、国体近畿ブロック(和歌山県少年バレーボール)
一般社団法人アスリートケア

◆スポーツ歴:

バレーボール・バスケットボール・ゴルフ

◆経歴
  • スポーツ障害
  • ウィメンズヘルスリハビリテーション
  • 一般急性期リハビリテーション
  • 回復期リハビリテーション
  • 慢性期リハビリテーション
  • リウマチ病棟

③松尾高行

アカデミックな視点で原因を的確に判断するエキスパート
豊かな経験でスポーツ復帰までを完全サポートします

◆資格

博士(保健学)

◆所属・帯同歴

大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科 教授
武庫川女子大学バスケットボール部 ヘッドトレーナー
一般社団法人アスリートケア 学術局臨床教育部部長

 ◆専門

スポーツリハビリテーション、バイオメカニクス
書籍および研究論文を多数執筆。

◆経歴
  • 1999年 吉備国際大学保健科学部理学療法学科卒業。主に行岡病院リハビリテーション科にて膝関節外傷の術後から競技復帰までのリハビリテーションに従事。
  • 2011年 吉備国際大学大学院保健科学研究科博士後期課程修了。
  • 2012年 大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科にて教育、研究、臨床に従事。大学女子バスケットボール部(関西大学、大阪教育大学、武庫川女子大学)のトレーナーとしてスポーツ損傷予防・競技力強化・試合帯同も行っている。

④木村佳記

冷静な中に熱いハートを持つ運動器疾患のプロフェッショナル
確かな知識で患者様の全ての悩みにダイレクトにアプローチします

◆資格

博士(工学)
専門理学療法士(運動器)
認定理学療法士(スポーツ理学療法)
3学会合同呼吸療法認定士

◆所属・帯同歴

大阪大学大学院医学系研究科 健康スポーツ科学講座 招聘教員
日本スポーツ理学療法学会 理事
関西テニス協会医科学 委員
東京2020オリンピック競技大会選手村総合診療所(理学療法業務)
一般社団法人アスリートケア(全国高校野球大会健康支援)

◆スポーツ歴

サッカー・ボクシング・スノーボード・野球・ゴルフ

◆経歴
  • スポーツ外傷術後リハビリテーション
  • スポーツ障害
  • 大学病院急性期リハビリテーション
  • 慢性期リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
◆業績等

https://researchmap.jp/kimu-ra

[著書(共著)]
  • 『術後リハビリテーション』 パーフェクト前十字靭帯再建術:木村佳記,小柳磨毅:石橋恭之,黒田良祐,前達雄(編),金芳堂 (2020).
  • 『大腿四頭筋のストレッチ方法による伸張部位の変化』 運動器超音波理学療法フロンティア vol. 1,日本運動器理学療法超音波フォーラム(監修),林典雄,他(編),文光堂 (2020).
  • 『半月板縫合術後のリハビリテーション』 アスレティックリハビリテーションガイド第2版:福林徹,他(編),文光堂 (2019).
  • 『膝関節・腰部・骨盤帯』 アスリートケアマニュアル テーピング,木村佳記,他:小柳磨毅(監),中江徳彦,他(編),文光堂 (2010).
  • 他,20編
[原著論文]
  • 『膝関節と股関節の運動順序の異なる伸長方法における大腿四頭筋の組織弾性の比較』 木村佳記,他:日本整形外科超音波学会会誌 (2018).
  • 『ERIK: An Isokinetic Exercise Device for the Lower Limbs』 Ken’ichi Koyanagi, Yoshinori Kimura, et al. : ROBOMECH Journal (2018).
  • 『ドロップジャンプ着地による動的バランスの解析指標の検討―着地後の衝撃吸収性と重心動揺―』 木村佳記,他:関西臨床スポーツ医・科学研究会 (2013).
  • 『スプリットスクワットの運動解析』 木村佳記,他:臨床バイオメカニクス (2011).
  • 他,28編
[総説・解説]
  • 『半月板切除術・縫合術後のリハビリテーション』 木村佳記,他:臨床スポーツ医学, (2021).
  • 『外傷・障害予防とトレーニング』 木村佳記,他:臨床スポーツ医学 (2021).
  • 『高齢者の膝関節痛と半月板損傷』 木村佳記,他:PTジャーナル (2021).
  • 『膝関節スポーツ外傷術後における理学療法の工夫』:理学療法京都 (2016).
  • 『下肢・体幹の運動連鎖とトレーニング』:理学療法京都 (2014).
  • 他,20編
[学会発表]
  • 『膝前十字靱帯再建術後のModified drop squatとジョギングにおける運動学的指標の関連性』 木村佳記,他:第29回日本臨床スポーツ医学学術集会 (2018).
  • 『half sitting trainingが膝前十字靱帯再建術後早期の膝伸展筋力の回復に与える効果』 木村佳記,他:第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会 (2017).
  • 『Elasticity of the Quadriceps Femoris Muscle During Stretching at Different Pelvic Tilt Positions』 Yoshinori Kimura, et al.: 8th Asia Conference on Kinesiology, Korea (2017).
  • 『Biomechanical analysis of single-leg squat with isokinetic and constant resistive force using controllable exercise equipment』Yoshinori Kimura, et al, The 5th IOC world conference on prevention of injury and illness in sport, Monaco (2017).
  • 『膝スポーツ外傷後の動的バランス機能と膝周囲筋力の検討―片脚ドロップジャンプ着地テストによる評価―』 木村佳記,他:第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会(2014).
  • 他,96件
[教育的講演]
  • 『半月板損傷に対するリハビリテーションー半月板手術後療法および保存治療―』 Northinspire研修会(北海道運動器理学療法勉強会)(2022).
  • 『膝前十字靱帯および半月板損傷の術後リハビリテーション』 倉敷トレーナーズサポート協議会講習会(2020).
  • 『膝スポーツ外傷術後の理学療法―運動療法の工夫と研究―』 第28回京都理学療法士学会,教育講演 (2016).
  • 他、18件
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME