メニュー

バーナー症候群

バーナー症候群(Burner Syndrome)は、頸椎神経叢や神経根への急激な圧迫や損傷によって生じる神経学的な症状を指す症候群です。主にスポーツでの急激な頭の動きや首への外傷が原因となり、神経の過伸展が生じることが特徴的です。

原因と発症

  1. 首への外傷: 交通事故、スポーツでの転倒、または頭部への急激な衝撃がバーナー症候群を引き起こす原因となります。

  2. 急激な頭の動き: アメリカンフットボールやラグビーなどのコンタクトスポーツでの急激な首の動きが関与することがあります。

  3. 神経の圧迫: 頸椎神経叢や神経根が圧迫され、神経の損傷が生じることがあります。

症状

  1. 一過性の神経症状: 突然の首の激しい痛みやしびれ、チクチク感、筋力低下などが現れます。

  2. 腕や手の症状: 症状は通常、片側の腕や手に制限されます。

  3. 瞳孔の異常: まれに、瞳孔の拡張や収縮の異常が見られることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や外傷歴を詳しく聞き、神経学的な検査や画像診断(MRI、X線)を行い、バーナー症候群を診断します。

  2. 保存療法: 症状が軽度な場合は、安静や氷の利用などの保存療法が行われます。

  3. 痛みの管理: 炎症を抑えるために非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されることがあります。

  4. 物理療法: 筋肉の強化や可動域の向上を目指す物理療法が行われることがあります。

  5. 首のサポート: 頸椎をサポートするためのカラー(頚椎カラー)の使用が時折行われます。

  6. 手術: 重篤なケースや再発性の場合には手術が検討されることがありますが、一般的には保存療法や物理療法が主流です。

バーナー症候群は通常、自然に回復することが多いですが、症状が持続する場合や激しい場合は医師の診断と適切な治療が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME