メニュー

肩インピンジメント

肩インピンジメントについて

肩インピンジメント(Impingement)は、肩関節の構造が狭いスペースである「サブアクロムィアルスペース」に挟まれ、軋みや炎症を引き起こす状態を指します。これは主に肩を上げたり腕を前方に動かしたりする際に、腱や滑膜などの組織が圧迫されることによって発生します。

原因と発症

  1. アンダーアクロムィアスペースの狭窄: 肩の骨や関節の形状が変化し、スペースが狭くなることがあります。

  2. 筋肉の不均衡: 肩周りの筋肉のバランスが崩れると、腕を動かす際に腱がスペースに圧迫されやすくなります。

  3. 姿勢の悪化: 前傾した姿勢や長時間のデスクワークが、肩の構造に影響を与え、インピンジメントを引き起こすことがあります。

  4. 急激な活動増加: スポーツなどで急激な腕の使用が増えると、肩の組織がストレスに晒され、インピンジメントが発生する可能性があります。

症状

  1. 肩の痛み: 特に腕を上げる動作や前方に動かす動作時に痛みを感じることがあります。

  2. 腫れと炎症: インピンジメントが続くと、周辺組織に炎症が生じ、腫れや熱感が現れることがあります。

  3. 運動制限: 腕の特定の動きに制限が生じ、特に高い位置まで腕を上げるのが難しくなることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 医師は患者の症状や生活歴を詳しく聞き、身体検査や画像診断(X線、MRI)を行い、診断を確定します。

  2. 保存療法: 痛みや炎症の管理のためには、一時的に腕を休めることや、氷や非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用が行われます。

  3. 物理療法: 筋力トレーニングやストレッチングが行われ、肩の周りの筋肉のバランスを整えます。

  4. 姿勢改善: 患者の姿勢を改善するためのエクササイズやアドバイスが行われます。

  5. 手術: 保存療法が効果的でない場合や患者の症状が重篤な場合には、手術が検討されることがあります。手術では、腱や骨の形状を調整することが行われることがあります。

肩インピンジメントは早期に適切な治療を受けることが重要です。姿勢の改善や適切なエクササイズを行い、予防策を考えることが大切です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME