メニュー

頸椎捻挫

頸椎捻挫(けいついねんざ)は、首の部分にある頚椎(けいつい)と呼ばれる椎骨が急激な動きや外傷などによって受けた損傷を指します。これは一般に「首を振った際の急な動き」や「交通事故などでの急激な首の動き」が原因となります。頸椎捻挫は比較的一般的な状態であり、適切な治療とリハビリテーションで改善することが期待されます。

原因と発症

  1. 交通事故: リアエンド衝突や脇からの側面衝突など、交通事故によって急激な首の動きが生じることがあります。

  2. スポーツ傷害: 特にコンタクトスポーツや頭を使ったスポーツで、急激な首の動きが頸椎に負担をかけることがあります。

  3. 転倒: 高い場所からの転倒や日常生活での転倒が原因となることがあります。

  4. 急激な首の動き: 急に首を振るなどの動作が、頸椎にストレスをかけることが捻挫を引き起こす可能性があります。

症状

  1. 首の痛み: 捻挫が生じると、首の周りに痛みが発生することがよくあります。特に動かしたり圧力をかけたりすると痛むことがあります。

  2. こり: 首の筋肉が緊張し、こりを感じることがあります。

  3. 頭痛: 頸椎捻挫が頭痛を引き起こすことがあります。

  4. めまい: 頸椎の不安定性がめまいを引き起こすことがあります。

  5. 吐き気: 捻挫に伴って吐き気を感じることがあります。

診断と治療

  1. 診断: 患者の症状や生活歴を詳しく聞き、触診や画像診断(X線、MRI)を行い、診断を確定します。

  2. 保存療法: 痛みや炎症の管理のためには、安静にして首を休息させることが行われます。

  3. 氷や湿布: 炎症の軽減のために氷や湿布が使用されることがあります。

  4. 痛みの管理: 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されることがあります。

  5. 物理療法: 首の筋肉を強化し、柔軟性を取り戻すために物理療法が行われることがあります。

  6. 装具の使用: 時折、首を安定させるための装具が使用されることがあります。

頸椎捻挫は多くの場合、適切な保存療法とリハビリテーションによって改善されますが、症状が持続する場合や重篤な場合には医師の指導が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME